不動産持分の割合を話し合いなしで決めるのはリスクが高い

不動産持分の割合とは一体何か


不動産持分と呼ばれるものがありますが、これは相続の場面などで有効になります。
不動産持分とは、例えば1つの不動産を自分の両親が持っていた場合で、自分の両親がなくなったらどうすれば子供たちでその不動産を開けることになります。
相続人が2人以上いる場合であれば、分割することになりますがこれがいわゆるそれぞれの持ち分と言うものです。
半分ずつ分けるならば、例えば兄と弟がいた場合兄が半分の持ち分になり、弟がもう半分の持ち分になると行っても良いかもしれません。
このようにわかりますので、ルールと問題点が出てきますが、不動産持ち分に関して言えばこの割合は通常はその相続人の人数によってわかります。
不動産持分は、色々と問題が生じることも覚えておかなければいけません。
具体的な問題を後ほど述べますが、このような問題が起きたときの対処法も必要になります。
相続人同士で争いが起きるケースなどもありますので、早い段階で問題解決することが大事になるでしょう。

不動産持分の基本として売却する方法がある


不動産持分といっても、非常に広い土地がある場合などは、それほど争いになる事は問題ありません。
ですが大抵の場合、親が持っている不動産は一戸建て住宅などの限られた敷地と建物になります。
例えば40坪の敷地等は平均的な大きさかもしれませんが、そのようなところを半分ずつにしてしまうと、人が住み続けるのは難しいでしょう。
相続人がそれぞれ一人暮らしならば分割し、そこの場所に住むことができるかもしれませんが、それぞれ家族がいる場合などは厄介な問題といえます。
この場合には、売却してしまう方法が考えられるかもしれません。
例えば1人を完全に所有者と定めてその人はもう1人の人に対してもち分だけお金を払うような仕組みで、話し合いからスタートするのが基本です。
単純に言えば、不動産の価値が20,000,000円だった場合、1人の人に対して10,000,000円を払い、もう片方の払った人は不動産をもらうような仕組みになり円満に解決方法の1つかもしれません。
これらは、絶対に話し合いで解決しましょう。

まとめ

不動産持ち分は、相続の場面などで出てくる言葉です。
1つの不動産を例えば2人の相続人が分け合う場合などがこれに該当します。
この場合、ある程度広い土地ならば良いかもしれませんが、そうでない場合も考えられるでしょう。
基本的には平等に分けられますが、狭い土地の場合2人で分けても使い道がないことがほとんどです。
このようなときには、片方の人が完全に購入し、もう片方の人に半分の土地の価値に指摘するお金を支払うのが基本と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。